スーツの男性

住宅展示場に行って自分の目で本物を確かめよう

防音効果のある住宅

つみきの家

快適に過ごすために

福岡で注文住宅を建てるなら、まずは場所が大切になります。もし福岡市内で日当たりがよく、交通機関のアクセスも抜群で気に入った土地が見つかったとします。この福岡市内の土地に、注文住宅を建てたいけれど幹線道路付近だった場合、どのようにするべきかを紹介します。このように騒音だけがネックになっている土地に注文住宅を建てる時、窓や壁などの作りを考えておくと良いのです。基本的に音は、窓からの進入が大半となっています。もちろん、地面や床、廃刊からの音もありますが、一番重要となるのは窓になるのです。とはいっても、単純に窓の材質を変えたり、分厚い窓にしただけでは効果は薄いのです。なぜかというと、防音を考える上で、dB(デジベル)という単位が重要になってきます。防音するには、デジベルを下げる努力が必要となります。ちなみに電車が通るガード下は100dB、ピアノの音は80dB、普通の会話は55dB前後と言われており、数が小さくなるほど音が小さくなります。そして防音についての対策は、外からのうるさい音を軽減するには、ペアガラスより、二重窓のほうが効果があるという実験結果が出ています。もちろんペアガラスでも外の音の3分の2くらいの音になりますが、これが二重窓の場合、外の音の半分になるのです。この窓をつけておけば、騒音も軽減され快適な生活を送ることが出来るのです。福岡で注文住宅を建てるとき、その環境に合わせた家作りはもちろん、窓などにも気をつけると良いのです。